【詳細はこちらをクリック】サークル・部活紹介にご協力ください。

慶應生が公認会計士を目指すならCPA会計学院 / 2020年の慶應大学在学中一発合格率は60.5%

今回は、圧倒的な実績と合格率を誇る公認会計士の専門スクール「CPA会計学院」をご紹介します!

CPA会計学院日吉校は日吉駅普通部通り徒歩2分にある公認会計士専門スクールで多くの慶應生が利用しています。

大学在学中に公認会計士合格を目指す慶應にはとても魅力的な環境とCPA会計学院の特徴を聞いてきました!

CPA会計学院の強みと合格実績

圧倒的な実績と合格率を誇る公認会計士スクールの「CPA会計学院」を紹介します。

CPA会計学院日吉校は日吉駅普通部通り徒歩2分にある公認会計士専門スクールで多くの慶應生が利用しています。
そこで、CPA会計学院の特徴を取材しました。

①CPA会計学院の実績

CPA会計学院は、慶應大学在学中合格者が8年連続で50%以上の割合で超えているスクールです。2020年はCPA史上最大の慶應大学在学中合格者数64名を輩出しています。特筆すべきは、64名の中で50名は大学在学中一発合格をしているところです。

②CPA会計学院 2020年慶應大学在学中一発合格率

CPA会計学院の2020年慶應大学在学中一発合格率は60.5%です。慶應大学在学中一発合格者50名なので、CPA日吉校で慶應大学在学中に合格された大半の方は一発合格者です!

※慶應大学在学中一発合格率とは、2020年合格目標の初学者対象のCPA本科コースを受講した慶應生でカリキュラムを修了された81名の内、慶應大学在学中に論文式本試験に合格された49名の割合で算定をしています。カリキュラム修了者に該当しない合格者が1名います。カリキュラム修了者とは、2020年合格目標の本科コースを受講した方で2020年2月以降に実施された計3回の公開模試(短答式・論文式)のうち、いずれかを受験された受講生を指します。

③大学生活のイメージに合わせて選べるコース

CPA会計学院は、大学生活との両立や短期で合格を目指している方におすすめです。

大学1年生合格者や2年生合格者などの短期合格者を輩出しています。

一番のおすすめは、アルバイトやサークルとの両立を目指し、大学3年次に一発での合格を目指す「2年スタンダードコース」です。

④慶應大学在学中のチューターが複数名常駐体制!

CPA日吉校は先輩合格者がチューターとして勤務をしています。科目の質問や履修の相談など皆さんのメンターとして活躍をしています。

 

合格者体験談

慶應義塾大学商学部3年生 榊原 里奈さん

 

サークル・アルバイトとの両立

会計士試験と聞くと、「難しそう」「大学生活が遊べないまま終わりそう」と感じる方も多いと思います。確かに、難関試験であるため一定程度の勉強時間は必要です。しかし、勉強とサークルやアルバイトをうまく両立させることもできます。

まず1年生では、大学の授業に加え、サークルやアルバイト等をメインに過ごすことができます。私自身、会計士受験サークル「ケイアカ!」等複数のサークルに所属し、イベントにはほぼ全て参加し、バイトもしていました。「大学生ってこんなにたくさん遊ぶんだ」と思いました(笑)。周りの友人も試験勉強以外の活動に積極的に参加していました。

2年生になると、大学の授業が少なくなり試験勉強に費やす時間も多くなります。CPAの講義も増え、12月の短答式試験合格を目指し、この時期からサークルやアルバイトの活動を抑える人が多いです。しかし、毎日会うCPAの仲間とのコミュニティが新たなサークルのようなものになりました。

短答式試験後の論文式試験までは時間がありスクールの講義も多くないため、サークルやアルバイトをやったり各々自由に過ごしました。「ケイアカ!」の皆でスキー旅行にも行きました。春休み終盤からまた試験勉強に専念し、8月の論文式試験合格(2020年度は11月に延期)を目指します。

ざっくり試験までの流れをお話ししましたが、サークルやアルバイトとの両立のイメージは湧いたでしょうか。「ケイアカ!」は同じ目標を持つ仲間たちと活動できるため、勉強との両立にはぴったりのサークルでした。会計士試験に興味のある方はぜひ入ってください!また、もし困ったことがあったら、CPAでは先生方にいつでも相談できます。先生方は私達に寄り添って親身に対応してくださるので、とても心強い存在です。不安なことはすぐに相談して、うまく両立させましょう!

勉強方法について

私が勉強するにあたって重視していたことは①講義を集中して受ける、②教材を活用する、③疑問を早く解決する、の3つです。

講義を集中して受けることで勉強効率が上がります。私は1年生の時、講義をただ消化するだけで復習が疎かになっていました。2年生になり、講義を見た範囲の理解が弱いことに気が付き、焦って以前の範囲をやり直しました。「しっかり講義を見ていればよかった」と後悔したので、講義を見る時はその時間で全て吸収するという意識で集中して受けてほしいです。

CPAの教材は要点が簡潔にまとめられています。ぜひそこに講義でのメモを書き込んで自分だけの教材にしてほしいです。また、テキストや問題集には多くの問題が掲載されているので、CPAの教材をやり込めば確実に合格する力がつきます。

そして、分からないことをそのままにせず、どんどんCPAの先生方やチューターに質問してください!もちろん勉強の悩みや計画の相談なども大丈夫です。疑問を早く解決することでその後の復習がとても捗ります。質問に行くことに最初は抵抗があるかもしれないですが、みなさん本当に優しく対応してくださるので何も心配する必要はありません!

オンライン授業と並行しての学習について

大学の授業がオンラインになり会計士試験の学習がしやすくなったと感じます。まず、毎日の通学時間が削減されるのでその分試験勉強に費やすことができます。また、大学の授業によっては期間内にいつ見ても良いものもあり、柔軟な計画作りが可能となりました。

具体的な内容は後で詳しくお話しますが、CPAは、新型コロナウイルスの影響により毎日校舎に通って勉強することが困難になった際、オンラインでのサポートを迅速に行なってくださいました。

オンライン授業という慣れないことに最初は戸惑いもありましたが、自宅にいながら大学の授業や課題、会計士試験の勉強や答練に取り組むことができ、自分がやるべきことに充てられる時間は増えました。そのため、その時間を理解が不十分な科目の強化に充てることができました。

以上のように、オンライン授業になったことで、通学時間や授業の拘束時間が削減され、柔軟な計画作りが可能となり、会計士試験の勉強に費やす時間を増やすことが可能となりました。それに加え、CPAでの適切なオンラインでの対応がありました。
そのため、大学のオンライン授業と並行しながら、校舎に通っていた時と同じような環境での学習が可能でした。

オンラインでの対応について

緊急事態宣言が発令されるなど例年にない状況が多くあった中、スクールは迅速に対応してくださいました。まず、通常は校舎で受けていた答練の自宅受験が可能になりました。日程表通りに教材や答練が自宅に届き、家で時間を測って受験し、郵送やPDF化して校舎に送ります。答案は採点して返却されるので、校舎受験と同じようにフィードバックを得られます。

質問や受講相談はいつでも電話でできました。私も何度か利用しましたが、一人でずっと悩んでいた所が一瞬で解決しました。自宅にいながらいつでも質問ができるので、校舎に聞きに行くより全然楽!と思いました。

今年度は試験日の延長など例年にない出来事があった中、スクールは私達受講生に不安な思いを抱かせないよう、丁寧に対応してくださいました。そのため、私達はスクールが提供するオンラインでの学習環境に安心して頼り、勉強に取り組むことができました。

無料体験講義/説明会のお知らせ

CPA会計学院日吉校では、無料体験講義と説明会を随時実施しています。

無料体験講義および説明会ご希望の方は、CPAのHP下部をご確認ください。