【慶應の部活・サークル紹介】ラテンアメリカ音楽研究会

今回は、ラテンアメリカ音楽研究会をご紹介します!

基本情報

会員数:45名
 
団体の種類:文化団体連盟
 

活動日時:水・土 18:00~21:00
活動場所:日吉キャンパス内(主に音練1)

サークル紹介

ラテンアメリカ音楽研究(通称ラテ研)はペルーやボリビアなど南米アンデス地方の民族音楽フォルクローレ」を演奏するサークルです。
「コンドルは飛んで行く」「アンデスの祭り」などの有名な曲は聴いたことのある方もいるのではないでしょうか
フォルクローレは、クラシックギター、ヴァイオリンなど馴染みのある楽器やチャランゴ、ケーナ、サンポーニャといった特有の楽器を使った、独特のリズムを持つとても魅力的な音楽です。
部員は現在45人(うち女子15人)、活動日時は水・土の18:00~21:00で、場所は塾生館地下の音楽練習室(音練)など日吉キャンパス内です。練習への参加義務はありませんので忙しい人も安心です!
部員は大学からフォルクローレを始めた人ばかりで、音楽未経験者も多くいますので、どんな方でも大歓迎です。
1年を通じてラテ研単独の演奏や2回の合宿、三田祭での演奏喫茶などイベント盛りだくさんで、合同演奏を通して他大学との交流もできます。
ラテ研は部員同士が仲の良い和やかな雰囲気で、活動費が安く、しかもバイトや資格取得とも両立できちゃう楽しくてお得なサークルです。
ラテ研の部室、塾生館B101にぜひ遊びに来てくださいね!

関連リンク

サークルの情報は、以下のリンクから得ることができます。
ご興味のある方は、是非チェックして見て下さい。
サークルHP サークルTwitter

あなたにオススメのサークル


塾生情報局ではサークル紹介文を募集しております。
新入生への情報提供のため、是非ご協力お願い致します。
「【サークル・部活紹介】〇〇〇〇」とご紹介!新入生のためにご協力お願い致します。