【特集】慶應経済の留年生がYoutuberに!

今回は、慶應義塾大学、経済学部3年で留年してしまい、Youtuberを始められた、原さんのインタビューをさせて頂きました。

経済学部で3年生から4年生に上がれなかったということなのですが、大学に入ってからどんな生活をしてきたのか?そして、何故Youtuberを始めたのか?といった事を伺いました。

1年生〜2年生春学期

早速なのですが、留年をしてしまったということなのですが、まずは12年生の頃から進級単位ギリギリだったのでしょうか?

澤木

原さん

それが、そういう訳ではないんです

1年から2年の春まではしっかりと大学通って授業を受けていたので、しっかりと単位も取得できていました。

1年、2年の春の時には、通っていたのにも関わらず、2年の秋学期を境に考えがかわってしまったんですね。

ちなみに、12年生の時に大学に行っていた理由は何か合ったんですか?

澤木

原さん

そうですね。

僕は、一般的に進学校と呼ばれる公立の高校にいたので、大学に入っても学校の授業を頑張って受けるという選択肢しかなかったからです

高校の頃、まとも授業を受けたことがない僕とは大違いですね

毎日授業に出ていたということは、成績もそれなりに良かったのですか?

澤木

原さん

GPA3.8くらいありました。

今は、1.、、って感じですが。(笑)

GPAの数値が凄いことになっていますね。(笑)

ちなみに、授業を受ける以外には何かやっていたことはあるんですか?

澤木

原さん

本当に、普通の大学生として過ごしていました。

大学の授業に行って、学校帰りにバイトをして、サークル活動に参加したり、高校同期と飲んだりしていました。

いわゆる、「大学生」というやつですね。

澤木

原さん

2年の春学期までは、

1−2年、サークルアルバイト

3年、ゼミ

4年、就活

という本当に普通の大学生活を送るものと思っていました。

2年生秋学期〜

ちなみに、大学に行かなくなった転機は何だったのでしょうか?

澤木

原さん

将来やりたいことなどを考え始め、コンサル会社での長期インターンを始めて、ハマってしまったことが最大の要因だと思います。

2年生の秋からインターンを始められたということで、周りよりも一歩早く就活を始めたという感じなんですね!

ちなみに、どのような点が面白かったとかは教えて頂いても宜しいでしょうか?

澤木

原さん

サービスが社会に影響をあたえるかを考えることができ、授業よりインターンの方が楽しくなってしまいました。

マクロのお金の動きなどが捉えにくいのに対し、ビジネスではお金のやり取りが目前で行われるので!

確かに、ビジネスをやった方がリアルに社会を見ることができるのかもしれませんね。

経済の2年生だと、まだ語学の授業があると思いますが、インターンを始めてからが大学に行ってはいなかったんですか?

澤木

原さん

3−4コマ、出席あるものだけは出ていました。ただ、出ている授業もほとんど内職していましたが

まぁ、出席のある授業にはでますよね。

2年から3年への進級はどうだったんですか?

澤木

原さん

全部合わせると82単位あったのですが、選択必修はそもそも履修している科目が少なくて、4単位とってギリギリ進級した感じです。

ほぼ、三田で履修しなければいけない40単位を除いた分の単位は、ほぼ取得していたんですね!

3年の春には、4月病にはかかったんですか?

澤木

原さん

一瞬かかりましたが、5月になる前に5月病にかかりました(笑)

3年でもコンサルのインターンを続けられたんですか?

澤木

原さん

別のコンサルに移ったのと、知人が事業を立ち上げたので、動画の編集やコードを書いたりしていました。

それは、2年以上に大学にいかなくなるコースの様な気がしますが

春学期の単位はどうだったんですか?

澤木

原さん

春学期は、進級に必要な28単位中、8単位しかとれませんでした(笑)

秋学期に20単位取ることも不可能ではないと思いますが、留年しないように授業に出たり、単位をしっかり取ろうとは思われなかったんですか?

澤木

原さん

留年しないようにとは思いましたが、テスト直前になってもやる気が全くおきなくて、ご存知の通り留年してしまいました

留年がかかっているにも関わらず、やる気がおきないというのはなかなか困ったもんですね

澤木

原さん

そうですね。

留年しないといいなとは思いつつも、留年するべくしてしたといったところでしょうか

Youtubeを始めた理由

ちなみに、成績開示の様子をYoutubeにあげようと思ったのはなぜですか?

澤木

原さん

成績開示の様子を動画におさめるという試みをしている人がいなかったように思ったので、留年するかもしれないなら、動画に収めてYoutubeにアップロードしてはどうかと、試験が終わったときから考えていました。

確かに、Twitterでは留年報告をよく見ますが、Youtubeでの留年報告の事例は少ないですよね

ちなみに、Twitter等ではなくYoutubeを選んだ理由はあるのでしょうか?

澤木

原さん

リアル感を出したいということはありました!

ブログやTwitterではなかなかリアル感を出しにくいですし。

リアル感を伝えるという点で言うと、動画は非常に優れているように思います。

澤木

原さん

後は、昔から芸人が好きだったということや、インフルエンサーに興味を持っていたということもあります!

芸人に興味があったんですね!

なかなか踏み出せない人も多い中、Youtubeから始めるというのは、ハードルも低くいいかもしれませんね!

澤木

少し話が飛ぶのですが、動画を撮影する前に一度成績を確認したりはしなかったんですか?

澤木

原さん

リアルな雰囲気で成績開示の様子を撮りたかったので、事前に確認はしていませんでした。

なので、内心はかなりバクバクしていましたね。

いわゆる「楽単」を探すために、動画を参考にさせて頂きました!(笑)

成績開示の動画はサイトに張っておきます!

澤木


動画を出した後、何か反響などはあったりしましたか?

澤木

原さん

ネガティブな反響とポジティブな反響どちらもありました!

それぞれ教えて頂いてもよろしいでしょうか?

澤木

原さん

まず、ネガティブな反応では、やはり親からはあまりよくは言われなかったというのと、

ゼミの同期などからは、「就活の時や社会人になってから、動画を見られるリスクはどう思っているのか!?」といった声がありました。

確かに、就活の時に動画を見られる可能性は十分にありますよね

澤木

原さん

僕自身は、そこまでそれをリスクとして捉えていないんですよね!(笑)

結局、留年したことって言うのは履歴書でバレてしまいますし。

気にする人は気にするのかもしれませんが、自分で思っているより周りは気にしていない可能性もありますよね!

澤木

ポジティブな反応としてはどんなものが合ったんですか?

澤木

原さん

やはり、「斬新で面白い!」などの反応が多かったように思います。

確かに、今話題のYoutuberなので、興味を持っている人も多いのかもしれませんね。

澤木

今後について

今後1年間は、どうされるのですか?

澤木

原さん

半期休学制度というものがあるので、春学期は休学します。

詳しくは、動画を見て頂ければと思います!

https://youtu.be/yNNDsitqweQ

休学中にはどんなことをされる予定なんですか?

澤木

原さん

Youtubeに加えて、VR関係の仕事にも関わっていく予定です!

面白そうですね!

今後も、作品などを拝見させて頂ければと思います。

本日はありがとうございました!

澤木

原さん

ありがとうございました!

是非、チャンネル登録お願いします!


今回は、慶應経済を留年してYoutubeを始められた原さんにインタビューをさせて頂きました!

オススメの記事

慶應であのLet’s note(PC)を借りられるって知ってた?【塾生必見】月額3218円のWantedlyプレミアムが4月31日まで無料で使える!【2018年】早慶戦前に知っておきたいことまとめ。