【2022年】サークル・部活紹介はこちら

【部活・サークル紹介】慶應義塾大学ジャズダンスサークルSIG

新入生へのメッセージ

こんにちは!/
慶應義塾大学ジャズダンスサークルSIGです。
SIGは、プロのインストラクターの指導を受けられる、慶應唯一のジャズダンスサークルです。
1学年の人数は約30~40人でメンバー全員の顔と名前が一致しており、中規模サークルならではのアットホームな雰囲気が特徴です。

SIGはSpecial  Interest Group、
「同志の集まり」という意味が込められています。温かく、ダンスが大好きな仲間が集まって、毎週熱く楽しく踊っています!!

練習について/
月曜日と土曜日の週2回活動しています!
これに加え、三田祭などのイベント前はグループナンバーの出演曲数に合わせて練習があります。年間通して深夜練は完全にありません!

SIGのいいところ①/
プロのインストラクターさんの指導を受けられる!
インストラクターさんのご指導のもと、ダンサーとしての体づくりや基礎練、イベントで披露するダンスの練習まで行っています。
初心者だけでなく経験者も確実に上達できるのは、プロのインストラクターさんのご指導があってこそです!
また、SIGのインストラクターさんが振り付けてくださる作品は圧巻です!!

SIGのいいところ②/
さまざまな人が輝ける!
学部、ダンス歴など様々なバックグラウンドを持つ人たちが集まっています!ダンスがみんな大好きで、個性を尊重し合う温かい雰囲気があり、非常に居心地の良いサークルです!

SIGのいいところ③/
多くの人と関われる!
姉妹サークル、OBOGさんとのつながりが強いこともSIGの特徴です!
他大学のジャズダンスサークルとの合同練習会やダンスコンテストなどのイベントにも参加しています。ダンスを通じて他大学にも友達ができます。

SIGのいいところ④/
多彩なジャンルに挑戦しやすい!
SIGではジャンル分けがありません!通常サークルでは全員でジャズダンスの基礎を学びつつ、イベントごとに、自分の踊りたいジャンルを選ぶことができます。
具体的には、スロージャズ、ショージャズ、コンテンポラリージャズ、民族系、ストリート、ガールズなどがあります。毎回どれに出るか悩むのが楽しいです!

SIGのいいところ⑤/
コロナ期間もノンストップ!
対面活動ができないなら、ダンスの練習もできないのでは…?そんなことありません!!
対面自粛期間は、毎週みんなでzoomを繋げて練習を続けてきました!
部屋の狭さで制限がかかっても、今まで気づかなかった課題を見つけ、柔軟性や筋力、表現力にさらに磨きをかけたSIGっ子が沢山います!

最後に/
SIGは、初心者経験者関係なく、ひとりひとりが輝ける場所です!
ダンスに興味がある方、大学で新たなことに挑戦したい方、サークルライフを充実させたい方、仲間とひとつのものに向かって熱く何かを創り上げたい方はぜひSIGへ!
SIGっ子一同、皆さんを心よりお待ちしております。

SIGのSNS/
これを開けば、全てのSNS、最新情報が丸わかり!
https://lit.link/SIGnoSNS

基本情報

サークルカテゴリー:パフォーマンス系
サブカテゴリー:ダンス
メンバー数:1年生:39人、2年生:30人
活動日時:月曜18:00/土曜10:00-、イベント前は出演曲数に合わせ不定期
活動場所:日吉キャンパス食堂棟集会室、塾生会館、日吉記念館
入会金:1,000円
年会費:半期16,500円

関連リンク