慶應生こそ活用して欲しい、効率を最大化して資格試験の合格を勝ち取るには!?

大学生は時間がある!?でも、大学生になってみると思っていたより時間がない!?と感じている人も多いのではないでしょうか?
大学生って、授業に出席して、サークル活動に参加して、バイトやって、課題やって、、、ほんとやることがたくさんありますよね!
慶應生にとっては、「1度合格してしまえば、ずっと使えるお役立ち資格を大学生のうちに取ってしまう」というのも、その1つに入るのではないでしょうか?
今回は、「脳科学」×「IT」で効率を最大化して合格に導く、新世代のオンライン資格学習サービスをご紹介します!

資格スクエアとは

資格スクエアは従来の予備校でも通信講座でもない、新世代のオンライン資格学習サービスです。
資格スクエアでは「IT」×「脳科学」を駆使してあなたの「独学力」を鍛えつつ、困った時にはすぐに質問もできるので講義での疑問もしっかり解決に導いてくれるようです!

効率を最大化するオンライン学習

 自分のペースで知識をインプット

資格スクエアはオンライン学習 なので、「いつでも・どこでも・何度でも」学習することができます。大学受験で某受験予備校の〇〇に通っていた方は、このメリットをすでに体感している方も少なくないのではないでしょうか?
従来の予備校のような通学型の予備校では、「決まった時間」に「決まった量」しか学習を進めることはできませんが、オンライン学習なら自分のペースで学習を進めることができるので、やる気次第では周りにどんどん差をつけることができるのです!
特に資格の勉強の場合は、全体を把握した方が理解が進むといったことが少なくありません。
それなら、「まず素早く1週」して「その後じっくり理解する」という勉強法が、最も効率がいいに違いないのではないでしょうか?

「IT」×「脳科学」を利用したアウトプット

インプットした知識をアウトプットする事により、記憶の定着率が40%も上昇するそうです。驚きの数値ですね…!
資格スクエアでは、知識のアウトプットのために問題演習機能を搭載されているそうです。
さらに、資格スクエアの問題演習機能は、脳科学を利用した独自のアルゴリズムにより、個人の理解度に合わせて問題を提示。
問題を解けば解くほどあなたにとって最適な問題が自動的にピックアップされるので、従来よりもスムーズに記憶の定着すること間違い無いのではないでしょうか?

学習をサポートする様々な機能

「IT」を活用しているので、移動時間にスマホでの復習や、進捗状況の「見える化」などにプラスして様々な利点がありそうです。

 オンラインレジュメ

講義では、動画とオンラインレジュメが同時に表示される仕組みになっているようです。

オンラインレジュメにはマーカーを引いたり付箋を貼ったり、メモを追加したりして、自分専用にカスタマイズすることも可能です。(保存して、後から何回でも見返すことが可能)
筆者は、付箋を貼ることができるオンラインのサービスはほとんど聞いたことがありませんでした。

倍速機能

21段階の倍速機能により1時間の講義が最大20分まで短縮。
これなら、理解できている部分は1.8倍速、苦手な部分は1.2倍速などと使い分けることにより、効率よく学習を進められますね。

 質問機能

講義を聞いていてどうしてもわからない部分は、ワンクリックで質問したら講師の先生や合格者にお答え頂けるようです。
列に並んで質問したりのもオンラインならではですね。

不必要な部分をカット運営

資格スクエアは合格に必要なものを絞り、合格への道筋を明確にすることを徹底して行っているようです。
そのため、合格に不必要な「大きな校舎」「広告宣伝費」などは大胆にカットし、合格に必要な「テキスト」「問題演習」「講義」「サポート体制」に費用の大部分を投資することにより、価格を他社の1/2以下に抑えつつ、資格試験の合格につながる様な、質の高い学習を提供されています。
 
資格試験に大学生のうちに効率よく合格を目指すのであれば、一度チェックしない理由はないのではないでしょうか?

オススメ記事

【慶應の法科大学院を例に】法科大学院(ロースクール)のメリットとデメリットとは?刑事弁護に取り組む弁護士の司法試験合格体験記司法試験予備試験のメリットとデメリットとは?